« [com.apple.metadata]オーディオファイルのコメントにビットレートを入れる | トップページ | [com.apple.metadata]bash ファイルのバージョンを今日の日付にする »

[com.apple.metadata]bash ファイルの作成者を自分にする


【スクリプトエディタで開く】|

#!/bin/bash
#com.cocolog-nifty.quicktimer.icefloe
#################################
###パス
##path to me このファイルのパス
STR_PATH_TO_ME="${BASH_SOURCE[0]}"
##パス指定する場合はこちら
STR_FILE_PATH="$STR_PATH_TO_ME"

##kMDItemAuthorsに入れるユーザー名
STR_USR_NAME=$(/usr/bin/id -F)
##ATTRの名前 配列で渡す
LIST_ATTR_NAME=(com.apple.metadata:kMDItemAuthors)
##配列の処理 順番に処理する
for ITEM_ATTR_NAME in "${LIST_ATTR_NAME[@]}"
do
###現在の値
STR_PLIST_DATA=$(/usr/bin/xattr -px "$ITEM_ATTR_NAME" "$STR_FILE_PATH" |  /usr/bin/xxd -r -p | /usr/bin/plutil -convert xml1 -o - -)

###変更する値
STR_PLIST_DATA="<?xml version=\"1.0\" encoding=\"UTF-8\"?><!DOCTYPE plist PUBLIC \"-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN\" \"http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd\"><plist version=\"1.0\"><string>$STR_USR_NAME</string></plist>"

###属性を登録する
/usr/bin/xattr -w "$ITEM_ATTR_NAME" "$STR_PLIST_DATA" "$STR_FILE_PATH"

###結果
STR_PLIST_DATA=$(/usr/bin/xattr -px "$ITEM_ATTR_NAME" "$STR_FILE_PATH" |  /usr/bin/xxd -r -p | /usr/bin/plutil -convert xml1 -o - -)
/bin/echo "$STR_PLIST_DATA"

done


exit 0


|

« [com.apple.metadata]オーディオファイルのコメントにビットレートを入れる | トップページ | [com.apple.metadata]bash ファイルのバージョンを今日の日付にする »

AppleScript Spotlight」カテゴリの記事